読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるっと健康生活

薄毛対策、体にいいこと、生活にいいこと、ハッピーに生きるコツなど、生活にプラスになる情報を発信していければと思います。

シャンプーはやさしく洗う、絶対にこすらないで

f:id:deogolden:20170402224548p:plain

薄毛が心配だったり、とくに頭皮の湿疹やかゆみなどが日頃からきになるに人にとっては、自分に合ったシャンプー選びも大切なことの一つです。

頭皮にしみる、シャンプーした後に、つっぱたり、乾きすぎたりするような感じなど違和感を感じたらすぐに使用をやめましょう。なるべく刺激が少ないものを選ぶようにしてください。

正しいシャンプーのやり方

  1. 髪の毛をよく濡らして、汚れを落とします。
  2. シャンプーを手にとり、よく泡だてます。
  3. 泡立てたシャンプーを髪全体に伸ばし、髪の毛でよく泡立てて髪の毛を洗い、一度すすぎます。
  4. もう一度シャンプーを手にとり、泡立てて今度は頭皮をやさしく洗います。髪全体に伸ばして、髪でよく泡立てます。フケや頭皮のアブラをシャンプーに溶かし込むように洗います。

洗い方のポイント

2度目に洗うときのポイントは、泡でやさしく頭皮を押し洗いするように洗います。
やさしく頭皮を押し洗いして、シャンプーにフケやアブラを溶かし込んで落とします。頭の前後左右まんべんなく押し洗いしてください。

フケやアブラはこすって取れるのではなく、シャンプーに溶かしこむことによって落ちるのです。

決して、つめをたててこすったり、強くガシガシあらうのはやめてください。

試しに、自分の指で脚のスネあたりを強く押してみてください。以外と痛みを感じるのではないでしょうか。指先で体のどこかを押しているときには、それだけ力がかかっているのです。

髪の頭皮は顔の皮膚と一枚皮膚でできています。顔を洗うときにつめをたてて洗ったり、強くゴシゴシと力を入れてこすったりしないですよね。

頭皮に対しても、顔を洗うのと同じようにやさしく洗ってください。なんかその洗い方じゃもの足りないなと思うかもしれませんが、大丈夫です。ちゃんと汚れは落ちていますから安心してください。

すすぎをしっかりと行う

そして、しっかりとすすぎをしてください。
シャンプーやコンディショナーが残っていると、フケやかゆみ、毛穴のつまりなど頭皮に負担がかかり、薄毛の原因となります。

すすぎ過ぎかもと思うぐらいに、しっかりとすすぐようにしてください。

f:id:deogolden:20170501173441p:plain

髪豊かな“フサフサライフ”を応援します。

ポチッとフォローしてくれると励みになります。

育毛・発毛ランキング

スポンサーリンク