読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるっと健康生活

薄毛対策、体にいいこと、生活にいいこと、ハッピーに生きるコツなど、生活にプラスになる情報を発信していければと思います。

ドライヤーで一番大事なことは

f:id:deogolden:20170501164736j:plain

シャンプーした後、濡れたままでいる人も多いと思いますが、濡れたままにしておくのは、とても危険です。

髪をぬれたままで、長時間放置しておくと、頭皮や髪に雑菌がたまり、臭いや頭皮トラブルの原因になります。

また、髪のキューティクル(髪の表面)が開いている状態となるので、髪の毛はとても傷つきやすくなります。濡れたまま寝ると、

キューティクルがはがれおちてしまいます。ドライヤーを正しく使って、髪を乾かすことが大切です。正しく乾かせば髪は傷みにくくなります。

それでは、ドライヤーの正しい使い方、乾かし方をみていきましょう。

ドライヤーを使う前に

スポンサーリンク

 

deogolden.hatenablog.com

洗髪したら、まずはしっかりとタオルで髪の水分を吸い取りましょう。

乾いたタオルでやさしく押し当てるようにして乾かします。押して水分を吸い取るイメージです。決してゴシゴシこすらないように。開いたキューティクルが傷つき、髪がダメージを受けてしまいます。タオルを使って半分ぐらい乾かしたぐらいにしておきます。

ドライヤーを正しく使う

次に、ドライヤーの風量を弱めにして、10cm〜20cmぐらい離して風をあてていきます。髪の根元から風をあてていきます。風が同じ場所にあたらないように気をつけてあてましょう。

根元が乾いてきたら、温風と冷風を交互にあてていき、髪を少し引っぱりながら毛先を乾かしていきます。温風と冷風を交互にあてていきましょう。

温風と冷風を切り替えてあてる

スポンサーリンク

 

ドライヤーの温風は、髪にキューティクルを広げて、髪の内部の保湿成分を奪ってしまいます。冷風をあてることにより、髪のキューティクルを閉じさせて、必要な保湿成分を逃さないようにします。髪は60℃以上の温風をあてていると、髪のタンパク質が分解してしまうので注意が必要です。

ヘアオイル(流さないトリートメント)の使い方

ドライヤーの前に、ドライヤーの熱や感想から髪を守るヘアオイル(流さないトリートメント)を使うのがオススメです。

頭皮が乾燥しがちなときは、頭皮専用の保湿剤(オイル、ミルク、ローション)を少量手にとり頭皮をマッサージするように全体にいきわたるようにします。

ちなみに、私はドライヤーの前にこのオイルを髪につけてます。 

ウォータールジュエル ヘアオイル 100ml

価格:2,808円
(2017/4/19 17:19時点)

洗髪後は、濡れたまま放置せず、必ず髪を乾かすようにしましょう。

以上、ドライヤーで一番大事なことの話題でした

育毛・発毛ランキング

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク