ゆるっと健康生活

薄毛対策、体にいいこと、生活にいいこと、ハッピーに生きるコツなど、生活にプラスになる情報を発信していければと思います。

『なぜジョブズは、黒いタートルネックしか着なかったのか?』とても印象深い内容なので感想を書きます

スポンサーリンク

f:id:deogolden:20170603161821p:plain

タイトルにひかれて手に取りました。

ジョブズはなんで黒いタートルネックしか着なかったんでしょうか?

今までに数々のジョブズ関連の本を見かけましたが、ジョブズに関してはこの本がはじめて。はじめはちょっと拍子抜けした感じがしましたが、感動したり、納得したり、これからの人生を生きていく上でとても為になる有意義な一冊でした。

早速、読んでみると、あらびっくり。ジョブズの話は前書きの8ページのみ。

ジョブズの話はこんだけかよっ!と突っ込んだら本編へ。

なかなか印象深く、いい感じで刺さりましたよ!

本編の内容

サブタイトル『真の幸せを生きるためのマイルール28』にある通りジョブズからはじまり、矢沢永吉、秋元康、ウォルト・ディズニー、イチロー、明石家さんま等々、28人の壮々たる方々のマイルールが紹介されています。

 

なかでも、仕事をしていく上で、毎日生きていく上で、

 

「このルールは刺さった!」

 

と思ったものを簡単に紹介します。

スティーブン・スピルバーグから学ぶルール「ラストシーンから描く」
先に目指すべきゴール(ラストシーン)を決めれば、途中何かトラブっても打開策が見つかりやすく、またブレることがない。

アートディレクター佐藤可士和に学ぶマイルール「裸にすること」
広告で大切なのは「本質」をつかむこと。引いて、引いて、最後に引きききれなかったものが残る、それが「本質」。無駄な要素はいらないってこと。

ホームレス小谷に学ぶルール「自分の1日を50円で売る」
日給50円でなんでもやる小谷さんの話。お金はないけど、日給50円で働いていくうちに「信用」ができていた小谷さんの話。仕事で大事なのは何よりも「信用」です。

エディター滝本洋平のマイルール「やりたいことをやればええよ」
「やることは決定ね」と設定すると、どうすればそれができるかに考え方がシフトする。あとは動きながら考える。ぐだぐた迷ってるならとりあえずやっちゃえばいいんです。

この本のさらに刺さったところ

偉業を成し遂げた経営者や著名人の人生訓みたいな本を、今までに何冊か読みました。

その中でもこの本は

 

とても読みやすい

 

と感じました。

 

著者のひすいこたろうさんと滝本洋平さんの文章はもちろん、言葉選びもレイアウトも上手く、圧倒的に読みやすいです。

 

レイアウトに関しては、文字の大きさ、強弱が絶妙でブログを書く上でとても参考になると思いました。

 

そして、いろんな引用が含まれていて、その引用も「なるほど」と納得できる、具体的なものばかりなので、より内容をわかりやすくしてくれます。この点もブログを書くときの参考になると思います。

 

誰にでもわかりやすく伝える

 

というのは見習うべき点ですよね。

まとめ:自分にとってのマイルールとは

 

あなたにとって、何が真の幸せか? 

誰にとって、どんな存在でありたいか?

 

と著者のひすいこたろうさんは言います。

 

28人のマイルールを読んで、

  • 自分にとって大切なのは何か?
  • 自分は誰を大事にしていきたいのか?
  • 何をしていることが幸せでなのか?
  • 仕事をする上で大切なのは何か?

考えるきっかけになると思いました。

 

もしこの記事を読んで興味を持った人は、本書から自分が良いと思うマイルールを参考に考えてみてください。

 

あなたにとって、真の幸せとはなんですか? 

誰にとって、どんな存在でありたいですか?

 

なぜジョブズは、黒いタートルネックしか着なかったのか? 〜真の幸せを生きるためのマイルール28〜

なぜジョブズは、黒いタートルネックしか着なかったのか? 〜真の幸せを生きるためのマイルール28〜

 

 

以上、『なぜジョブスは、黒いタートルネックしか着なかったのか?』とても印象深い内容なので感想を書きますの話題でした。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

ポチッとフォローしてくれると励みになります。

スポンサーリンク