ゆるっと健康生活

薄毛対策、体にいいこと、生活にいいこと、ハッピーに生きるコツなど、生活にプラスになる情報を発信していければと思います。

酢をいれた湯船につかるだけでイヤなニオイが消えます

スポンサーリンク

f:id:deogolden:20170614234007p:plain

今日の話題は「酢」を使った酢風呂について。

 

健康な肌は弱酸性とされています。弱酸性だと身体の表面につく悪い菌がふえないようになります。そして、肌のために必要な常在菌は、弱酸性の環境を好みます。何らかの理由でこのバランスが崩れているとすれば、体臭のモトである悪い菌が増えてしまうかもしれません。

 

そこで、汗くささの防止策としておすすめしたいのが、コップ1杯の酢を入れた

 

「酢風呂」

 

です。

え?酢なの?

酢って聞くとなんだか酸っぱいニオイで、あまりニオイ防止には効かないイメージがしますよね。どちらかと言えば臭いイメージかも。しかし、クエン酸の殺菌作用から細菌の繁殖を防ぐことができるんです。

 

また、酢には発汗作用があるとされていますから、お湯の暖かさから得られる血行促進に加え、より多くの汗をかくことができます。

 

どれぐらいの酢を入れるの?

普通の酢(薄黄色)のものなら、コップ1杯、黒酢ならおちょこに2杯程度が適当です。黒酢はちょっと値段が高いので、試したことはないです。ノーマルな酢で十分です。少しぬるめのお湯加減でゆっくり浸かるようにしてください。

 

一般的に酸性の温泉は「治しの湯」と呼ばれ、殺菌効果の高さから水虫や湿疹にも重宝されてきました。多少刺激が強いため、アトピー性皮膚炎などの方は薄めの割合から試してみてください。

 

気になる酢の臭いも、入浴後にシャワーで洗い流せば臭いは残りませんので心配しないでください。

 

自分にあった割合がわかれば、これをコツコツと毎日続けてくださいね。温泉もたった1回こっきりではなかなか効果は得られず、湯治(少なくとも1週間)することがベストとされています。酢風呂もやるなら毎日続けることが大切です。

 

酢風呂を1週間も続けていると、不快な汗の臭いが心地いいニオイに変わっていきますよ。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

ポチッとフォローしてくれると励みになります。

スポンサーリンク