ゆるっと健康生活

薄毛対策、体にいいこと、生活にいいこと、ハッピーに生きるコツなど、生活にプラスになる情報を発信していければと思います。

きちんと髪の毛を洗って頭皮を健康に

スポンサーリンク

f:id:deogolden:20170627170821p:plain

先日、ある男性の方からこのような質問をいただきました。

 

「髪の毛の洗い方について教えてください。
髪の毛をいたわるような理想的な髪の洗い方ってありますか?
例えばこんなやり方を心掛ければ良いよみたいなアドバイスやお奨めのシャンプーがあれば教えてください。髪の量は普通でストレートです。風呂には毎日入っています。
どんな小さな事でもいいので教えてください。よろしくお願いします。」

 

ということで、普段の髪の洗い方についてです。

まずは洗い方のポイントからです。 

洗い方

洗う前の事前の準備としては、ブラッシングをしてホコリなどを落とすようにしてください。(髪が短い人はブラッシングはしなくても大丈夫です。)
そして十分に水洗いしてください。ここまででだいたいの汚れは落とせます。

そして、

  1. シャンプーを手にとり、よく泡だてます。
  2. 泡立てたシャンプーを髪全体に伸ばし、髪の毛でよく泡立てて髪の毛を自体を洗ってください。この時は頭皮を洗うよりも髪の毛を洗うことに集中してください。十分に洗ったら、一度すすぎます。
  3. もう一度シャンプーを手にとり、手で少し泡立てて今度は頭皮をやさしく洗います。髪全体に伸ばして、ここでも髪の毛でよく泡立てます。よく泡立てたシャンプーにフケや頭皮のアブラを溶かし込むように洗います。やさしく押し洗いをします。強くこすって洗うと頭皮の皮脂をとりすぎてしまうのでNGです。やさしく洗ってください。その後、しっかりとすすいでください。
  4. よくすすいだら、トリートメントやコンディショナーをつけて、よくすすいでください。

しっかりすすぎができていないと、フケやかゆみ、毛穴のつまりなどで薄毛の原因となります。

2度目に洗うときのポイント

シャンプーの泡でやさしく頭皮を押し洗いするように洗います。やさしく頭の前後左右まんべんなくやさしく押し洗いしてください。

この方法は、フケやアブラはこすり取るというよりも、シャンプーに汚れを溶かしこんで落とします。頭に湿疹やすこし皮膚が傷ついているとこするだけでもダメージを与えてしまいます。この方法なら頭皮をやさしく洗うのでオススメです。

 

つめをたててこすったり、強くガシガシ洗うのは絶対にやめてください。

 

よくシャンプーのおまけで剣山みたいな洗浄ブラシがありますが、美容師に聞いたところ、頭皮にはあまりよくないとのことでした。軽い力で洗っているつもりでも、どうしても力が入りすぎてしまい頭皮や髪へのダメージとなりやすく、あまりオススメしないとのことです。

シャンプーの選び方

頭皮が油っぽい人

頭皮が油っぽい人におすすめのシャンプーは、まず洗浄力が強すぎないものを選ぶようにしてください。

 

アミノ酸系シャンプーは洗浄力が強すぎないのでオススメです。

 

アミノ酸シャンプーの代表的な成分は、ココイルグルタミン酸・ヤシ油脂肪酸・ラウリン酸・ミリスチン酸・グリシン・メチルアラニン・サルコシンなどになります。

 

ただし、アミノ酸シャンプーで市販されていても、これらのアミノ酸系成分は少ししか入っていないシャンプーもあります。シャンプーボトル等に記載されている成分表は、多い順に記載されています。だいたいが1番最初に水が表示され、その次や3番目あたりに上記のアミノ酸系成分が表示されているものが、アミノ酸シャンプーです。成分表の後半にアミノ成分が入っているだけで「アミノ酸シャンプー」として売られているものがあるので、選ぶときには注意が必要です。

 

洗浄力が強すぎるシャンプーは、頭皮に必要な皮脂まで落としてしまい、結果皮脂が過剰に分泌されて、油っぽい頭皮になってしまう場合があります。シャンプーは洗浄力が強すぎないものを選ぶようにしましょう。

 

また、添加物が入っていると頭皮がダメージを受けやすくなるので、添加物が入っていないシャンプーを選んでください。

 

そして、市販されているシャンプーにはシリコンが含まれているものがあります。シリコンは油のようなもので、痛んではがれたり裂けたりしたような髪同士をくっつけコーティングし、手触りをよくする効果があります。

 

しかし、使い続けていると、シリコンが髪に付着して離れなくなり、髪の毛が脂っぽくなってベたついた感じになってしまったり、パーマやカラーがかけにくくなったりする事があります。

頭皮が乾燥気味の人に

フケや髪がパサついた感じの人にもアミノ酸系のシャンプーがオススメです。アミノ酸系のシャンプーは、洗浄力がやさしいので頭皮の皮脂を残して洗います。なので地肌から水分が逃げず、乾燥を防ぐことができます。

 

あと、美容師の人にシャンプーで薄毛対策ができるのか聞いてみたところ、残念ながらシャンプーでは薄毛対策は難しいとのことでした。シャンプーの役目は汚れを落とすことです。発毛、育毛することとは別なんだとか。薄毛対策をするなら、シャンプーの後に育毛剤等で対策をしないとダメみたいですね。

洗髪後には洗い流さないトリートメントを使う

洗髪してタオルドライ(ごしごしこすらずに水分を吸い取るようにやさしく)後、洗い流さないトリートメントで髪をケアするようにしましょう。

 

このトリートメントは髪をドライヤーの熱や摩擦などから守る役目をしてくれます。オイル系、クリーム系等ありますので、自分の頭皮にあったものを使うようにしてください。

 

自分で使ってみた感じからするとオイル系でさらっとした感じのトリートメントだと、ドライヤーで乾かしてもごわつかずまとまりやすいと感じました。

 

濡れたまま放っておくと、頭皮や髪に雑菌がたまりやすく、生乾きのような臭いになってしまいます。特にこの時期は気をつけたいですね。自然乾燥ではなく、しっかりとドライヤーで乾かしましょう。

 

www.itopan.com

 

以上、きちんと髪の毛を洗って頭皮を健康に、の話題でした。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

ポチッとお願いします。

スポンサーリンク