ゆるっと健康生活

薄毛対策、体にいいこと、生活にいいこと、ハッピーに生きるコツなど、生活にプラスになる情報を発信していければと思います。

暑い夏を快適に過ごすために、髪は1日何回洗うのが正しいの?

スポンサーリンク

f:id:deogolden:20170718103730p:plain

夏は汗をかくとシャワーを浴びる回数も増えますよね。平日だと出勤前の朝にもシャワーを浴びるので、1日2回の人がほとんどではないでしょうか。

 

そんな時、髪を洗うかどうか迷いませんか?時間もかかるし、なんか面倒だし体だけ洗い流せばいいかなーなんて思ってしまいます。

 

洗髪の適切な回数って1日の何回なんだろう・・?調べてみました。

洗髪の適正回数は1日1回

1日1回が適正回数です。 そして正確に言うと1回に2回洗う(2シャン)、2度洗いをしてください。

 

髪を洗えば洗うほど頭皮はキレイになると思いがちですが、洗いすぎてしまうと頭皮から出ている脂を取りすぎてしまいます。

 

頭皮の脂は一定量を分泌して外部からの刺激から守る役割をしています。シャンプーの回数が多ければ多いほど、頭皮は脂を出すペースを速めてしまうので、べたつきやすくなってしまうのです


洗いすぎて頭皮の脂をとりすぎないように注意してください。

シャンプーの仕方

シャンプーは1回に2度洗いをすることで効率良く、しっかりと汚れを落とすことができます。1回目は髪に付着したホコリやチリ、汚れを落とすために洗います。2回目はフケや頭皮の脂を溶かし込むように洗います。

 

わかりやすくステップで説明しますね。

1、シャンプーの前にブラッシング

ブラッシングには頭皮のマッサージとホコリや汚れを事前に落とす効果があります。


2、シャンプー1回目

1回目は髪が汚れているため泡だちにくいです。

摩擦を与えないように、手で泡立ててから全体にシャンプー剤を広げ、髪の毛で泡立てます。

1回目のシャンプーは泡立ちが悪いので、あまり長い間こすると摩擦が起き、髪を傷めてしまいます。さっと洗うようにしてすすぎます。


3、シャンプー2回目

2回目は泡立ちが良くなっているので、シャンプー剤の量は、1回目よりも少なくてすみます。

 

手の上で泡立ててから頭皮につけてください。2回目のシャンプーは泡立ちがいいので摩擦力が和らいでいます。(頭頂部、前頭部、サイド、バック、とつけてから広げると効率がよくなります。)1回目と同じように髪の毛で泡立てます。

 

よく泡立てたら、フケや頭皮のアブラを溶かし込むように洗います。やさしく押し洗いをします。強くこすって洗うと頭皮の脂をとりすぎてしまうのでNGです。やさしく洗ってください。その後、しっかりとすすいでください。

 

その後、トリートメント、コンディショナーをつけて、よくすすぎます。

 

シャンプーやトリートメント、コンディショナーが残っているとフケやかゆみ、毛穴のつまりなどで薄毛の原因となってしまいます。しつこいですが、しっかりとよくすすいでください。

洗髪後はしっかりと乾かす

暑い夏の風呂上がりのドライヤーは汗をかいてしまいたいへんですよね。 よくわかります。せっかくお風呂にはいったのに汗だく。。

でも、ドライヤーで乾かさないと髪が傷んだり、キューティクルが剥がれたり、生乾きのような臭いになってしまうこともあります。

特に夏場は細菌が増えやすいのでしっかりと乾かすことが大事です。


こちらの記事も参考にしてください。 

www.itopan.com

 

以上、暑い夏を快適に過ごすために、髪は1日何回洗うのが正しいの?についてでした。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

ポチッとお願いします。励みになります。

スポンサーリンク