ゆるっと健康生活

薄毛対策、体にいいこと、生活にいいこと、ハッピーに生きるコツなど、生活にプラスになる情報を発信していければと思います。

汗かいても流れないハッカ油入り虫除けバームの作り方

スポンサーリンク

f:id:deogolden:20170728170614p:plain

今までハッカ油を使ったアイテムをいろいろと紹介してきました。

  • 虫除けにもなる芳香剤
  • 除菌スプレー

等々です。

 

今回は、汗をかいても流れにくい、ハッカ油とワセリンで作る虫除けバームを紹介します。

 

ハッカ油は虫除け対策に効果的

ハッカ油の香りは蚊やゴキブリ、ダニやハエ、蜘蛛など身近な虫が嫌う香りのため、一般家庭における虫よけ対策にとても効果的です。

 

そのハッカ油を用いた虫よけ対策のひとつに、「ハッカ油スプレー」があります。

 

スプレー容器に水と無水エタノール、ハッカ油を混ぜ合わせて作ったハッカ油スプレーは、シュッと吹きかけることで簡単に虫よけ対策ができます。今の時期に重宝しますよね。

 

でも、ハッカ油スプレーは汗をかくとすぐに流れてしまいます。汗ですぐに流れてしまったら虫除け効果はあまり期待できません。汗をかくたびにハッカ油スプレーをしていたらかなりの手間ですよね。

 

そこで、汗をかいてもすぐには流れないような虫よけアイテムの作り方を紹介します。

ハッカ油入り虫よけバームの作り方

【材料】

  • ハッカ油
  • ワセリン10g
  • 容器(密封できるもの)

作り方はとても簡単です。容器にワセリンとハッカ油を5滴垂らして、しっかりと混ぜ合わせてください。混ぜ合わせたら完成です。ワセリンはドラッグストアで市販されています。

 

ハッカ油は、ハッカの葉茎から作られる天然成分なので、身体に無害です。子供やペットのいる家でも安心して使用することができます。

 

時間が経ってハッカの香りがなくなると効果がなくなるので、少量で作って1週間~2週間を目安に使い切るようにしましょう。ワセリン10gぐらいが最適な分量です。

おわりに

この虫除けバームは汗かきの私にとって、とてもうれしいアイテムです。虫除けスプレーををしても汗かいて拭いたら意味ないよ、、と思っていました。これからはハッカ油入りの虫除けバームを作って虫除け対策をしたいと思います。

 

ただあまり塗りすぎるとベタつくので、少しづつ塗って調整してください。

 

ちなみに今日は月に1度のプレミアムフライデーですね。あいかわらずプレミアム感のない普通の金曜です。

 

以上、汗かいても流れないハッカ油入り虫除けバームの作り方の話題でした。

 

いつも読んでいただきありがとうございます。

ポチッとフォローしてくれると励みになります。

 

スポンサーリンク